Loading

INFORMATION

従業員数500人以下の事業主のみなさま

2022年10月から段階的に一部のパート・アルバイトの方の社会保険の加入が義務化されます。

■2022年10月から、従業員数が101人以上500人までの企業に対して、下記の条件を満たすパート社員を社会保険に加入させることが義務付けられます。

  1. 週の所定労働時間が20時間以上30時間未満(週の所定労働時間が40時間の企業の場合)
  2. 賃金の月額が8.8万円以上であること
  3. 2ヵ月を超える雇用期間が見込まれること
  4. 学生ではないこと

 また、従業員数が51人~100人の企業に対しても、2024年10月からこの条件を満たす短時間労働者の社会保険加入が義務付けられます。

■適用拡大が企業側に与える影響のひとつが、社会保険料の企業負担額の増加です。

 新たに加入する従業員の社会保険料のうち、半分が会社側の負担になります。新たな加入対象者の数と増える社会保険料を概算した上で、必要な対策を検討する必要があります。

 厚生労働省の「社会保険適用拡大特設サイト」では、「社会保険料かんたんシミュレーター」で、会社が負担する社会保険料の試算ができます。対象人数や給与額などの入力することで保険料の目安がわかるので、参考にして準備を進めましょう。

★厚生労働省のHPを確認ください(社会保険適用拡大特設サイト)

 

 

 

 

 

PAGE TOP